散策

アクセスカウンタ

zoom RSS 【環境】電磁波など(改題)

<<   作成日時 : 2005/06/12 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

本日の日経新聞の「なるほど予防学」は、「ベータ・カロテン 適量でがん抑制」というタイトルで、喫煙と多量のベータ・カロテンで、逆に20-30%リスクが高まった例なども挙げていた。

今日は、妻子はお散歩中。思ったことをつらつらと。

たまた、買った女性誌(Colorful 7月号)の「環境対策オフィス編」電磁波について

『オフィスでの代表的な電磁波は、パソコンが2ミリガウス、コピー機が6ミリガウスほど(参考:50〜60ヘルツの磁界 東京電力)。
世界保健機関(WHO)の環境保健基準によれば、「5万ミリガウス以下の50〜60ヘルツの磁界では、有害な生物的影響は認められない」とのこと。オフィスで受ける電磁波は非常に微量であり、必要以上に神経質になる必要はない。』

以前、電車内で携帯電話でサイトを見ていると、変な外人のおばさんに、紙を渡された。内容は、電磁波の人体への影響。何人もの人に同様のビラ(新聞記事のコピーだったと思う)を渡していたが、皆素直にメールや携帯サイトを見るのをやめていた。世の中には色々な運動をしている人がいるなあと思ったものだ。

今思っているのは、少なくとも人体に無害な範囲という疫学的なデータが取れているはずはないだろうなあということ。なぜなら、たばこその他、がんとの関係を示す疫学的なデータは何十年にもわたって蓄積されたものを調査したものであり、テレビの影響ですら、1960年代以降普及した世代で人体実験をしているようなものと言われている。ましてや、継続的な利用によるパソコン、携帯電話などの電磁波の影響なんて今の段階でどの程度の影響があるかなんて判断のしようがない。ちょっとネットサーフィンすると、下記サイト。

電磁波なび http://www.denjiha-navi.com/index.html

このサイトの検証だと、電子レンジ、IH調理器、冷蔵庫が安全性で、×。
偏見を持ちながら今眺めていましたが、意外に普通でした。

今週は、ブルー。うちは社内結婚で、現在も二人で同じ会社に勤務。
業務以外の会社関係でちょっと衝突。仲は良いのですが。解決策考え中。考え中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
携帯電話の電磁波(3)
携帯電話の電磁波は、私達の体に悪影響を及ぼすと言われていますが、携帯電話はもはや私達の生活の一部となっていて、携帯電話の使用を全くやめてしまうことは難しいですよね。 少しでも電磁波の被害を少なくするために、いくつかの対策があります。 大人よりも子供の方が電磁波の被害を受けやすいと考えられてい... ...続きを見る
子供の携帯電話
2008/02/26 10:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
電磁波避けエプロン、聞いたことあるような。そういえば、PCの画面に貼るものも売っていたような気が。関心を持ってないとどんどん忘れちゃいますね。ご心配ありがとうございます。解決策、座右の銘通り「ほどほど」に考えます。何もしないのも解決策なのですが、それでは何か事があったとき自分が後悔しそうで恐いのです。(^^)
散策
2005/06/12 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
【環境】電磁波など(改題) 散策/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる