【政治】アメリカは原爆投下のため終戦を遅らせた?(追加)

昨日のデイスカバリーへの不安は、機体の一部が落ちて、機体に当たる確率が、1.5%との報道を聞いたためです。

娘の熱は、38.5度。今年の夏風邪は、たちが悪い。

昨晩、J-WAVEで、原爆投下をするための時間稼ぎのために、アメリカも終戦を遅らせたというコメントがあった。本論のところを聞いていなかったので、正確なところはわからない。要は、原爆という実験がしたかったということと、その後の対共産圏への力の誇示のためのようであるが、一所懸命検索する気にもなれない。

本日は、黙祷し、犠牲者の冥福を祈ります。

事実関係ご存知のかたのトラックバックは歓迎です。

**************************
娘の熱で外に出られないため、検索してみました。

講演記録「原爆神話」からの解放ー「正義の戦争」とは何かー 木村 朗(鹿児島大学法文学部)
http://www.ops.dti.ne.jp/~heiwa/kimura/doc/gennbaku.html

 TOP http://www.ops.dti.ne.jp/~heiwa/kimura/

私には衝撃的だなあ。
引用は、差しさわりがあろうかと、思いますので、感想として自分の知らなかったことを書きます。

1)アメリカは、ポツダム会談を先延ばしにしようとした。
2)当初ポツダム会談は、天皇制維持が含まれていたが、トルーマンが削除を決定し、日本が受け入れがたい無条件降伏というかたちで出された。日本が受け入れられないことは折込ずみで、7/26のポツダム宣言がだされる前日の7/25に、原爆投下を命令する文書にサインしている。
3)ウラン型とプルトニウム型という別タイプを広島、長崎で実際に使用したかった。

娘の熱が38.8度になったので、これで終わります。

*****************************************************
(8/5/07追記)
このエントリー、検索でかかってしまうことがあるので、追記します。その後、色々な意見や史実を拝見し、追記しておく必要があると思いました。

1)当時は、国民全体に焦土と化すまで、戦争継続の雰囲気があった。実際、原爆が投下されたあとでさえ、録音された玉音放送を奪取して戦争を継続しようとする勢力もあった。

2)原爆投下前に、日本の敗戦受け入れを促すため、アメリカにより、ドイツの科学者ハイゼンベルグの手紙が日本に落とされた。(この原爆投下を回避するためと思われるアメリカ内の動きは、変人キャズ様はじめ、同時代を経験されたかたのブログを拝見する中で知ったことですが、報道はされていません。)

(下記コメント欄、ウエブリブログの認証コメントが、まりりりさんのウエブリブログ退会により消えてしまったため、私のコメントだけ残ってしまい、浮いています。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

houjin
2005年08月06日 13:06
私も色々と読んで・聞いて驚いた!真実を知れば知るほど怖くなる。トルーマン大統領の原爆実験結果・更に原爆と言う巨大な兵器を世界に知らしめる為に日本が丁度良かっただけの事。見事に日本はロシアにも裏切られて原爆被害。全てに自国の利益の為ならば何でも有りと言う事でしょう。現在のイラクも同じ事。豊かで大国・兵器も軍備も世界一だから何でも有り、文句を言うならば同等か、それ以上でなければ言えない現実。後は媚を売るだけ、しかし媚も売れる内は良いが売る物が無くなると捨てるよアメリカは!もう、売る媚も無い日本は何処へ行くのか怖くなる。国民の「の~てんき・平和ボケ・感心無き政治」に日本の崩壊が来るのではないでしょうか?怖いね~!お子様が早く元気になれますよう願っています。
2005年08月06日 15:34
コメント&お見舞いありがとうございます。まだ38.6度で、寝ています。「ほどほどの当事者意識」というエントリーを書きましたが「政治は、天気のようなもの」とまでは割り切っていませんので、節度を持って関係していきたいと思います。
2005年08月07日 19:44
いつもコメントありがとうございます。今日やっと平熱に戻りました。結局、丸五日高熱が出ていたことになります。今年の風邪の特徴のようです。
houjin
2005年08月08日 01:20
お子様の熱が下がり良かったですね。
気になって仕方なかったのです。安心しました。 幼児の高熱は心配ですから。良かった・良かった!
2005年08月08日 21:30
ありがとうございます。今日から元気に保育園に通っています。
2005年08月09日 23:51
ありがとうございます。今日のエントリーで、まりりりさんご提案にふれさせていただきました。勝手しまして、失礼します。
ベンダソン
2007年08月10日 17:02
ベンダソンと申します。トラバ有難うございます。

貴ブログでご紹介の木村氏の論文(?)、タイトルに引かれ、私の認識を変えねばと思い読みました。しかし・・・・、

・ 194/5/2ヤルタ会談で米は関東軍を叩くためソ連に対日参戦を要請、8/15参戦予定。
・ 米は原爆開発で、早期終戦が可能となり、ソ連参戦不要となり、阻止したくなった。
それで、米は原爆投下をするために終戦を遅らせた?

で、遅らせるために
・ 日本が、ポツダム宣言を受諾できない様無条件降伏にした。
で、ソ連参戦を防ぐために、8/15前に急いで原爆を投下した。

その一方では、日本は原爆によってではなくソ連参戦によって終戦を決意した。

と言うこの方の論理は、部分部分だけを読むと、そうかなと思いましたが、全体を通すと支離滅裂な印象を持ちました。自分の認識を変える理論かと期待しましたが、残念です。

とはいえ、様々な考え方・情報を知る事は大事なこと、機会を提供いただいて感謝しております。今後もよろしくお願いいたします。
2007年08月10日 17:40
ベンダソン様
コメント、トラックバックありがとうございます。そちらにコメントさせていただきましたように、8/5/07の追記部分のご紹介で、トラックバックさせていただきました。1)、2)どちらの紹介?と問われると答えに窮してしまいますが。1)はベンダソン様もそのように感じておられるのでは、と思いました。2)は、「変人キャズ」様、「二人のピアニストに思う」様が情報源なのですが、公開はされていますが、新規のコメント、トラックバックは消しておられるとのことです。耐震偽装事件を追及されていたベンダソン様からコメントいただくなんて光栄です。正直、ベンダソン様やらくちんランプのスパイラルドラゴン様へは、扱われているテーマ恐くてトラックバックできないでいました。このテーマであれば、と思いトラックバックさせていただいた次第です。

この記事へのトラックバック

  • [49]「終戦日に想う」に思う

    Excerpt: 久々に今回は、旧記事の再録でなく、2005/8 の感想文である。 Cogito ergo sumu ブログの記事「「終戦日に想う」に次の短歌を見た。 Weblog: 変人キャズ racked: 2005-09-05 05:53
  • 原爆の日に思う

    Excerpt: 私は子供の頃、長崎に住んでいた。昨日、長崎は62回目の原爆の日を迎えた。実は拙 Weblog: 棒に怒る日本人 racked: 2007-08-10 16:27
  • 原爆を正当化するヤツら

    Excerpt: 広島平和文化センターのスティーブン・リーパー理事長が館の展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人らアジア出身の委員を起用する方針を明らかにした。。「原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定す.. Weblog: 真ラサ#lhasaのブログ racked: 2008-05-25 19:37
  • 原爆投下は戦争犯罪ではない

    Excerpt: アメリカによる原爆投下は、戦争犯罪ではないホロコーストだと主張すべきである。戦争犯罪だとしてしまうと、アメリカに賠償させることができなくなる Weblog: 真ラサ#lhasaのブログ racked: 2008-07-29 19:38