【日記】「陰謀論」と「仮説」の境界は主観だと思う(グルジア問題を例に)

眠り猫さんの「【陰謀論批判】一般論から見た、「陰謀論」批判」を見て、それまでの他のブログなども拝見しながら思ったことも合わせて書きたいと思います。
http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/104547571.html

眠り猫さんは、『「陰謀論」とは、「世の中で起きる事件、現象の背景に、何らかの勢力による陰謀があると主張して、特定の意図を持って、特定の国家・勢力を批判する論法」と定義する。』としています。

「フンニャロメ日記」のooaminosora 様が、コメント欄で、「同時に自らが持っている先入観や偏見を補強し、(傍目には非論理的ではあっても)合理的な理屈を付け加えることによって、その先入観なり偏見なりを正当化するために用いられるもの」と追加されています。

私は、ある論を「陰謀論」と思うか、「仮説」と考えるかは、主観によると思います。

そう思ったのは、「オルタナティブ通信」に「ロシアVS米国と言う、陰謀論者の間違え」というエントリを見たときでした。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/103840187.html

独立党の「変人?タクちゃん」も陰謀論者を批判しています。

http://blog.livedoor.jp/takutaku2946/archives/51163443.html

誰も自ら考えることを「陰謀論」とも自らを「陰謀論者」とは思わなく、自分から見て、いくら何でも「それはないだろう」という論や論者を「陰謀論」、「陰謀論者」というのだと思ったのでした。

かくいう私も、小野寺光一さんを8月6日のエントリでは、思わず呼び捨てにしてしまいました。私にとっての、「いくら何でも、それはないだろう」だったのでした。(注:国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」は、たまたま見てしまいましたが、普段は見ていません。)

少し、この観点から、グルジアとロシアの南オセチア自治州での衝突を考えてみます。(たぶん無理があると思いますが。)現状は、ロシアが南オセチア自治州以外のグルジア領から撤退していないことが問題と思いますが、これは置きます。

今回紛争原因は、グルジアが南オセチア自治州侵攻したことが原因と思っていました。グルジア軍が、8月8日、南オセチア自治州の州都ツヒンワリを包囲しました。ロシア側は、この際、ジェノサイトがあったと主張していました(2000人死亡と)。一方、先に越境したのは、ロシア軍のほうと、グルジアのサーカシビリ大統領は主張しているようです。

グルジア軍が南オセチア自治州の州都ツヒンワリを攻撃したことに関して諸説あげてみます。

1.「一貫してグルジアを支持してきたブッシュ政権の来年一月の任期切れを前に、米欧を本格的に関与させるためのカケに出た」(8/10/2008日経新聞に載っていた西側外交筋見解)

2.「アメリカ政府の命令・あるいは許可」(実質米ロの戦争)(ロシア政治経済ジャーナル http://archive.mag2.com/0000012950/20080810152808000.html )

3.南オセチアで独立運動をやっている多数派オセット人の主力を叩いて無力化するヒットアンドアウェイ作戦(世に倦む日日 http://critic5.exblog.jp/9269246/

4.米ソ共同の武器消費、武器販売促進、景気回復行動

5.ニューワールドオーダーに基づく、米ソ共同の人口削減行動

4、5を無理矢理つけてみましたが、やはり無理がありますね。

ここで、言いたいのは、2以下は、アメリカもグルジアが南オセチア自治州へ侵攻することを知っていたという考えが、ベースにありますが、「ロシアではグルジアの進攻に米国がゴーサインを出した可能性が取りざたされる。軍事力で圧倒的に劣るグルジアが米国の承認なしに攻撃を決断できるはずがないとの見方だ。」とロシアで思っている人がいるということです。
http://mainichi.jp/select/world/news/20080812k0000m030153000c.html
事実がどうかは、まさに知りようも無いことですが、上記記事のロシアの一部の人は、主観的に、アメリカもグルジアが南オセチア自治州へ侵攻することを知っていたと感じているということでしょう。

グルジアの南オセチア自治州侵攻には、アメリカの許可があったという考えは、「いくら何でも、それはないだろう」と思う人にとっては、陰謀論ですが、ロシア側では、あり得ることと思われたということですから、受けての主観によって、「陰謀論」か「仮説」かが違う例になるのではないかと思った次第です。

う~ん、読み直すと、やっぱり、無理があるかなあ。
ずいぶん時間をかけて書いたので、Upしますが、ちょっとこの理屈は自分でも苦しいかなとは思います。

眠り猫さんの陰謀論の定義の中の「特定の意図を持って」は、特定の目的のために作られた論ということかと思いますが、ある論が「特定の意図を持って」いると判断するのも主観であり、とても難しいと思います。

ooaminosora 様の「自らが持っている先入観や偏見」が補強されるというのは、自分自身注意しなければならないと思っています。

(8/16/2008 12:50)
********************************
グルジア問題についてトラックバックいただいたものと、見かけたものをリンクします。
8月16日、ロシアも和平「6原則」に署名したとのことですが、一方、ロシアは、首都トビリシまで約40キロの町イゴエティに地上部隊などを投入したと。日経は、六原則に盛り込まれたとみられる「追加的な安全措置を取ることができる」との項目を根拠に、ロシアがグルジアで「威嚇行為」を繰り返す可能性があると書いています。道路網の遮断と鉄道の主要路線を不通になっていると。ロシアの狙いは、経済的に打撃を与え、最終的には、サーカシビリ大統領を退陣に追い込むことと書かれています。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080817AT2M1601U16082008.html

きっこの日記には、「グルジアで略奪を繰り返すロシア兵たち」(世田谷通信)と動画がUPされています。
現実は、考える間も、検証する間も無く、進んでいっているようで恐いです。

「再開71回目 素人ながら考える」ウヨっぽいこと(国際系)(ネトウヨの呟き~気ままにつれづれ~)
http://silver.ap.teacup.com/gakrnaiwuirta/72.html

グルジア戦争は、ネオコンの大統領選挙用策略か?(マスコミに載らない海外記事)
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2008/08/post-7201.html

政治家の誤った決断が国民に大きな災禍をもたらす(衆議院議員早川忠孝の一念発起・日々新たなり)
http://ameblo.jp/gusya-h/entry-10127889559.html

(8月17日 10:05)
****************************************
「田中宇の国際ニュース解説」が更新されましたが、落ちは、また多極化ですね。引用記事には、「マスコミに載らない海外記事」様からトラックバックいただいたマケイン氏の大統領選挙用説の引用もありますね。さ、後二日仕事頑張ろうっと。

「米に乗せられたグルジアの惨敗」
http://tanakanews.com/080819georgia.htm

(8/20/2008 7:30)
*****************************************
まだ、あと二日でした。今週は長い。
「露軍クラスター爆弾使用、約束も破棄」軍事情勢(ネトウヨのブログ)
http://wind.ap.teacup.com/netuyo/738.html

「一九世紀型の侵攻をやったロシア」(ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報)
http://amesei.exblog.jp/8471397/

〔動画〕ロシア対グルジアで米国メディアによる「世論誘導」疑惑(低気温のエクスタシーbyはなゆー) http://alcyone.seesaa.net/article/105008228.html

〔ロイター動画〕世論調査でマケイン支持46% オバマ41%(低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://alcyone.seesaa.net/article/105083986.html

今見たマケインさんの支持率のはなゆーさんのエントリも拾ってしまいましたが、こういうのが先入観による情報選択なのかもしれませんね。

(8/21/2008 6:45)
**************************************
昨日(8/21/2008)日経新聞の朝刊に6面に、「ロシアと交戦」「勝ち目ない」「米、グルジアを説得」と、ブライザ米国務副次官補(欧州、ユーラシア担当)の19日、ワシントンでの記者会見の記事があり、「グルジア、南オセチア自治州情勢をめぐり、米政府がロシアと交戦しようとするグルジアに対し、勝ち目がない」として、戦闘を思いとどまるよう説得を試みたと語った。」と書いてあった。19日の話だと思って読みとばしていたら、読売新聞によれば、「南オセチア情勢が緊迫化した今月初頭以降」と開戦前の話。ちょっとこの日経記事は不十分というか不正確。

読売新聞は、「住民殺害や性的暴行、米政府高官が占領地域での人権侵害に懸念」という見出しで、重点は、ロシア側の人権侵害なのだけど、毎日jpは、「米国:「露と戦えば勝ち目ない」グルジアに戦闘前自制促す」となっている。「グルジア政府が「村や人々を守るため停戦を解除せざるを得ない」と米側に通告してきた。」と。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080809-3758656/news/20080820-OYT1T00416.htm
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080820k0000e030027000c.html
この記者会見は、映像があれば、全部見たいなあ。アメリカがどの程度具体的にグルジアの開戦意思を知っていたのかなあ。

それ以外には、ロシアが言った2000人のオセチア人虐殺は、誇大広告(上記読売や別の毎日に記事ありました)やスカイニュースがグルジアの攻撃により南オセチアの首都が攻撃された映像を、ロシアのグルジアへの攻撃として報道したなどがネット上で見られました。

あと一日で、休みだ!今週は何だか長かった。
(8/22/2008 7:40)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

散策
2008年08月16日 15:38
今日は、もう外出してしまいました。お酒を飲むと思うので、今日は、コメントをしません。ご覧になられたかたは、駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
ooaminosora
2008年08月16日 15:56
散策さま
コメントありがとうございます。

私の座右の銘にしている言葉にユリウス・カエサルの「人は自分が見たいものしか見ようとしない」というものがあります。
陰謀論者が陰謀論を語るとき、まさに彼は自分が見たいものだけを自分の好きな角度からだけ見て人に説き聞かせようとしているのだと思います。ほんとうは、違った角度から見ればまったく別の局面が見えるはずなのに、彼は見ようとしません。そして自分の偏った見方に満足して自説を完結させていくのです。そこには客観的な視点もなければ、ものごとをあらゆる角度から科学的に考えるという姿勢もない。
私が陰謀論についていちばん問題に思うのは、この限られた視点から科学的な検証(つまり自分の頭で考えるということ)を省いてしまって結論を導き出そうとする性癖です。
グルジア問題も、あらゆる視点から総合的に判断せず、一部の自分の考えに都合のいい説をもとに結論を導き出している限り、私は陰謀論と変わらない。つまり、受け入れることはできないと考えます。
散策
2008年08月17日 11:16
ooaminosora様。今回エントリは、ooaminosora様の「常識的に考えてそれはないだろう」という印象を陰謀論例示されたのをヒントに考えたものです。先入観があると、何でもかんでも、そのことに関係しているような気がしてしまうのは、その通りだと思います。一方、問題意識を持たずに事象を眺めれば、何も感じずに、過ぎていってしまう気もします。追記しましたが、グルジア問題は考える間もなく事態が進行し、大変憂慮しています。
散策
2008年08月17日 11:17
尚、以前コメントさせていただいた「痴漢は国家の陰謀」について、マスコミ関係者が、下半身を露出したとして公然わいせつ容疑で続けて逮捕された件ですが、杉浦瞳弁護士の「ストレスで露出~公然わいせつ罪」というエントリを拝見し、そういう人を弁護したことがあるとのことで、実際ありうることなんだと安心しました。ただ、エントリを書くのにご覧になった記事の事件がまた神奈川県警なのは、気になりますが。管轄内に鉄道が多く、より警備も厳しくしているということで、私の気にし過ぎかもしれません。http://blog.goo.ne.jp/okunagairi_2007/e/51541c946dd37ec689ce409cf9350cbb
2008年08月26日 13:37
虐殺に関してはグルジア軍隊のユダヤ系住民の虐殺も考えられますね。ロシアが住民を虐殺する事は考えづらいですね。爆撃も虐殺とカウントしているのかも知れませんね。
散策
2008年08月27日 00:04
hardway_tokyojapan様
こちらにコメントありがとうございます。7月頃にグルジア、イスラエル、アメリカも演習をしていたと「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」にありましたが、元記事確認はしていません。
http://amesei.exblog.jp/8442706/
また、イスラエルがグルジア軍を訓練しているとか、グルジア防衛相は、グルジアに生まれたがイスラエ
ルへ移住し、高校までイスラエルで過ごしたとネット(2ちゃん)では拝見できるので(これも元記事英語だったので確認してません)、グルジア軍隊のユダヤ系住民の虐殺は無いと思います(推測)。
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1218446175084&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFull

http://www.thebulletin.us/site/index.cfm?newsid=19903046&BRD=2737&PAG=461&dept_id=576361&rfi=8

この記事へのトラックバック