テーマ:

【本】昨日買った本(平成経済20年史、民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか、他)

今週は、twitterを始めて試行錯誤しています。Firefoxも久しぶりにNewが出たとのことで、使ってみています。twitterで書いたのだけ切り貼り。 1)平成経済20年史(紺谷 典子著、幻冬舎新書)色々なところでお勧めあり。先週は、三橋貴明氏の「ジパング再来」「高校生でもわかる日本経済のすごさ」を買いました。経済って、竹中…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

【本】三極委員会の目的(ロックフェラー回顧録より)

前のエントリの続きです。http://sansaku.at.webry.info/200905/article_4.html 三極委員会 「北アメリカ、ヨーロッパ、日本ー三つの民主資本主義の中心地ーの代表者を含む組織のアイデアが浮かんだのは、一九七〇年代初頭に世界の力関係が根本的に変わったと実感したからだ。 アメリカはなお優勢を保…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

【日記】ビルダーバーグ会議は、5月14日-16日なんですか?

昨日は、ロックフェラー回顧録を読んでいました。三極委員会について書かれています。 「三極委員会は、ビルダーバーグと同じく、陰謀論者たちが描写するよりもずっと温和な組織だ。委員会の結成は、幅広い基盤に立って、国家間の差異の橋渡しをしようとする試みなのだ。この場合、橋渡しとは日本を国際社会に招き入れることだった。」(P.531) …
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

【読書感想】崩壊前夜 日本の危機 (森田実著 日本文芸社)

「崩壊前夜 日本の危機 アメリカ発世界恐慌で岐路に立つ日本」(森田実著 日本文芸社)を読みました。 一番大切なのは、アフガニスタン戦争に参入しないということと読めました。 小泉さん、小沢さんを従米的政治家といいつつ、小沢さんには、まだ可能性が残っていると言っています。 「小沢一郎氏が大連立政権の首相となれば、巨大な従米…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

【You Tube】関岡英之さんと内野聖陽さんは顔が似ていると思う

一昨日、You Tubeで、関岡英之さんの映像を見たのですが、俳優の内野聖陽さんに似てますね。城内実さんのシンポジウム映像も見ました。また、ちょこちょこと見ながら、貼ってみます。 【書籍】アメリカの日本改造計画【前編】 関岡英之 【書籍】アメリカの日本改造計画【中編】http://www.youtube.com/watc…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【言葉】いくらなんでもひどすぎる

「再出発日記」に「小田実遺稿「いくらなんでもひどすぎる」へ」というエントリがあります。 「ひどすぎる」から「いくらなんでもひどすぎる」に社会全体が移ったときが、転換点ということでしょうか。 先日、労働契約法の参議院厚生労働委員会審議を参議院TVで見て、宿泊施設付派遣ビジネスというものを知りました。金銭的に大変厳しそうでした。 そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【読書感想】亡国から再生へ(高杉良著、光文社)

今、読み終わりました。良かったです。 第4章 「メデイアの腐敗」 P.139「批判精神なくただ踊らされているだけ」で、年次改革要望書にマスメデイアがふれてこなかったことについて書かれています。P.60には、「ホワイトカラー・エグゼンプションもアメリカの要求」と項目があります。P.53高杉氏も、関岡英之氏の『「改革」にダマされるな!』(…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

【日記】5/31世界禁煙デーと本「地震予知の科学」

いわーん情報源さんのところで、5/31世界禁煙デーのエントリを見て、あっ、そういえば、自分も以前関心があったことだ、でもこの頃、ご無沙汰だ、などと思いながら、サイドのアフェリエイトも換えようかなと手をつけたが、何故かできず、あっ、それで以前質問を受けたことがあったんだと思いあたったものの、表示がうまくいかなくなるばかり。記事一本書いて終…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

【思索】アメリカの普通の人が豊かになることが必要ではないだろうか?

土曜日に買った「改革」にダマされるな!関岡英之 /和田秀樹 (PHP研究所)をちょっと読みました。前書きで、和田秀樹さんが、1991年から1994年にアメリカに留学したときのことが書かれています。当時アメリカでは15から20パーセントの人が保険に入れず、貯金も無くて医者にかかれなかったとありました。 現在はどうなのかわかりませんが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【読書中】「改革」にダマされるな!関岡英之 /和田秀樹 (PHP研究所)

昨日は、妻子とサンリオピューロランドに行って来ました。面白かったです。 行きがけに待ち合わせ前の本屋で、表題の本を買いました。 城内実ブログで、先日紹介されていたので、機会があったら買おうと思っていました。 ぼちぼち読むつもりです。今日は、子守りだから読めないけど。 目次抜粋、楽天からコピペ第1章 「改革」が日本人の「安心」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【本】新型インフルエンザ

寒いし、ブログを読むのは進まないし、読書も進んでません。 一個だけ気になったエントリを。 鳥インフルエンザと感染源 徒然なるままに@甲斐田新町 ついでに本紹介 パンデミック・フルー 岡田晴恵(講談社) P.65 すでに起こっているH5N1型鳥インフルエンザウイルスの変異が恐かったです。    (人間の低い体温でも働く変異、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【日記】また本を三冊買った

数日ブログを拝見せずにいましたら、未読が900エントリーになってしまいました。はたして土曜にどれくらい読めるでしょうか? そんなことをいいながら、今日、また本を3冊買ってしまいました。 1)野田敬生「諜報機関に騙されるな!」(ちくま新書) 2)藤田東吾「月に響く笛 耐震偽装」(imairu) 3)関岡英之+イースト・プレス特…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【共謀罪】週刊SPA!買いました。

立ち読みしたのですが、その後買いました。後ほど理由を。 すごく良かったです。 新聞・テレビが報じない[共謀罪]トンデモ議事録 犯罪を実行しなくても、犯罪を計画しただけで処罰されるという共謀罪。議論の中身は報道されることがないが、一体どんな内容なのか?SPA!は委員会の議事録を検証。そこで語られているお粗末な内容とは? …
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

【本】プリオンとBSEに関する本(改題)

本屋をぶらぶらしてきた。「拒否できない日本」も平積みしてあった。「プリオン説はほんとうか?」いう本も平積みされていた。帯を見て読んだ気になり、買わなかったのだが。 オビこの病気に感染した動物の様々な臓器について、異常型プリオンタンパク質が検出できないからといってその臓器や組織の部位が安全だと考えることは、現段階では危険である。また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】世界地図

うだうだしております。本を読もうかとかと思いましたが、まあぼちぼちということで、地図を眺めておりました。 今がわかる時代がわかる世界地図2003年版。 2000年の平均ザンビアの平均寿命38.0歳。アフリカ南部は軒並み三十代。解説には、乳幼児死亡率の高さと、HIVの流行と。次のページのHIV/エイズ感染率はボツワナ38.8%、ジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【日記】ほどほどの当事者意識

今日は、それほど暑く無く過ごし易い。これからマッサージだが、先生の力が強いので、もみ返しがこわい。 テロ、郵政国会、地震、靖国と関心事は多い。 一般に、よく当事者意識が薄いという声がある。事実、自分も環境問題に関心ありといいながら、ゴミの分別がちゃんとできていなかったり、コンビニで、ビニール袋をもらってきたりすることがよくあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【本】がん予防に役立つおいしい食べ物

7/10 日経新聞「なるほど予防学」は、「がんリスク」「遺伝子で個人差」。 特定のがんリスクを上げる決定的な遺伝子多型と環境要因の相互作用は、まだ見つかっていない。それほど研究が進んでいないのが現状だ。と結んでいるが、その前の段に、たばこはがんに限らず様々な病気のリスクを上げる。たばこに含まれる発がん物質の代謝にかかわる酵素にも多型が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【本】星新一で思い出すのは

ロンドンのテロ、アスベストの被害は2010年以降本格化とテレビ、ラジオをつければ、いやなニュースばかり。星新一の話を思い出して気晴らしします。さびしいのでトラックバック使います。失礼します。 ぱっと思い出すのは、博士の作った変な機械。丸い物体にボタンと腕がついている。ボタンを押すと腕がそのボタンを引っ張り出す。ただそれだけ。みんな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【地震・読書感想】ガラス飛散防止シートとさおだけ屋

あっという間の一日。 通院はいつも通り。だらっとしていても違和感のない待合室が妙に落ち着くのは私だけでしょうか。もう少し日光が入ると良いのだけれど。 帰るとすぐに、食器棚にガラス飛散防止シートを貼りました。 時間のない方のために、結論から言うと、ガラスとともに、シートの粘着面にも、たれるぐらい石けん水をスプレーするのが、コツと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【環境】愛・地球博 暴露本(改題)

今日は、通院日。ここのところ疲れ気味。問題点を話し、いつものように処方。 「仕事大変ですね。」と言われた。今はそういってもらえるだけで、十分です。 さて、いつものように帰りに本屋をうろうろ。 愛・地球博の暴露本、見つけました。「虚飾の愛知万博」  前田栄作 光文社 この手の暴露本は、全部を信用するのはどうかと思うが、愛・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【読書感想】世界でいちばん受けたい授業(続き)他

うだうだしております。そんなにうだうだしてるなら植物の斉藤さんの翻訳を手伝えば、といわれてしまいそうですが、自信ないんです、英語。そこそこ自信のあるかたは、是非翻訳手伝ってあげてください。 http://www.jsedip.jp/ 雪かきは、運動にはなりました。 テレビをつけるとワイドショーは堤氏の特集。堤義明氏の母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書感想】世界でいちばん受けたい授業 他

世界でいちばん受けたい授業 藤原和博(小学館)を流し読みしてましたが、そろそろ寝ます。 なぜ、この本を買ったかというと、今注目している若い都議候補の方が、小中学校教育に民間トレーディングゲームの導入を区政で公約とされ、導入されはじめたからです。 現行、保育園の民営化に慎重な私とは意見が異なり、積極的な民営化を公約とされていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【癌】癌と死について(改題)

今日は1日ネットサーフィンと昼寝。相変わらず検索がうまくならない。 何年か前、経済評論家で、ガンにかかり、闘病されるといわれていた方が、まだご存命か妻とよく話します。どうも経済評論家とガンで検索しても植草さんばかり引っ張ってしまい、出てこない。お名前を覚えていないので気がつかないだけかとは思うが。 確かディーラーか証券アナリ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

【禁煙】過激&マイルド禁煙本

今日も通院帰りに本屋を散策。 過激本、見つけました。 「悪魔のマーケテイング タバコ産業が語った真実」 ASH(Action on Smoking and Health)編 日経BP ぱらぱら見ただけですが、過激です。アメリカの翻訳本でしたが、要はタバコ産業は、テイーンエイジャーや女性をターゲットとして売り込みをしてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【読書感想】「心がホッとする57の方法」

またトラックバックさせていただきます。「~」について が、文頭についていない方がいたので、まねしています。本文再編集で、記号で表示される文頭の部分を、文末に切り貼りできます。すると元のブログのトラックバックの本文が、自分の文章から始められます。また、テーマの変更もできます。 昨日、ざくろさんのお勧めで、「心がホッとする57の方法」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【藤臣柊子様】ご活躍ですね。

すいません。全然、先生の作品、存じ上げてなかったのですが、ブログを始めて(始め方も先生のマンガでしたね)、先生の絵を良く拝見するようになりました。「うつ」を治す 大野 裕 PHP新書のイラストや、うつ・啓発委員会公式ホームページ( http://www.utu-net.com/ )などでお世話になってます。季節の変わり目、風邪などひかな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【読書感想】「軽症うつ」を治す100のコツ 

帰りに寄った本屋。中年の頑張らない生き方みたいな本があったはずだがと、ぶらぶらしたが見つからない。目についたのは、「モタさん」の本。 「楽しいことをメモする」と人生はどんどんよくなる! 青春出版 「職場ストレス」「仕事うつ」に強くなる本 新講社 「生きかた名人」モタさんの「何をやってもうまくいく人」55のヒント 三笠書房 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【読書感想】 「41歳からの哲学」

ちゃんと中を見ずに、買った。 週間新潮の過去のコラムをまとめたもので、いわばエッセイ集。 時事問題については、著者の知識は少ない。 題で多少売れるかも知れないが、全集でも出なければ、著者初の絶版もありうるだろう。 多少自己本位で、またいつ死ぬかわからないといいながら、60才までしか大型犬は買えないので犬を買うなど一貫性がない…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more