【日記】ネット規制に対する懸念

一般人様へのレスの補足です。

自分は、大雑把な性格で、注意力に乏しいもので、失敗しないよう、余計に心配性なところがあります。

法案では、2006年ゴールデンウイーク前に共謀罪が法務委員会で出たとき、大変驚愕し心配いたしました。前年の障害者自立支援法審議があまり報道されずに可決されたこともあり、話題にもならず可決されるかと思いましたが、ネット上でも懸念があがり、国会議員のかたも問題点を指摘して、ブログで国会での様子を日々UPされる議員のかたもいて、現在まで継続審議となっています。

現在心配している法案は、下記です。

1)電子投票法案
前回国会衆議院を通過後、参議院にて民主党中村てつじ議員の質問で今国会への継続審議となりました。
出荷後のソフトへの細工ができるのではないか、投票結果が正しいか検証方法がないではないかということです。
日経新聞2月14日夕刊永田町インサイド「電子投票、詰めの激論」では、アメリカでは2006年中間選挙で登録有権者の8割が電子投票機を利用したと書かれています。  

2)有害サイト削除法案、その他ネット規制法案
年明け、民主党による有害サイト削除法案を今国会提出予定とのニュースを見て驚きました。今回児童ポルノ禁止も含め、趣旨は理解します。
しかし、ある9.11に疑念を示すサイトが、有害サイトと認識され、フイルターで表示されないことがあると聞いています。コメント欄参照)それを更に削除となると、ネットでの情報の自由は大きく損なわれることになると思われます。
また、本当の有害サイトへのリンクのあるトラックバックやコメントスパムを入れられたブログやサイトには、規制は及ばないのかも、気になっています。
つまり、そのブログ、サイト自体の内容を、有害と認定できなくても、有害関連先と認定する方法によって規制される危険があるのではないかということです。(考えすぎでしょうか?)

3)人権擁護法案
相当に危険と考えいます。

*********************************************
米大使 児童ポルノ禁止で要請(3月11日 19時34分NHKニュース
アメリカのシーファー駐日大使は鳩山法務大臣と会談し、子どもたちのわいせつな画像を写すなどのいわゆる児童ポルノでは、子どもたちが犠牲になっているとして、日本でも児童ポルノを所持すること自体を罰則を設けて禁止するよう要請しました。

(一つ前のエントリのほうが、わかりやすい。)

ユニセフが子どもポルノ根絶に向け署名活動、特設サイト開設(INTERNET WATCH

アグネスは好きだし、気持ちは良くわかります。

Yahooやマイクロソフトも賛同していると。

どうしても懸念があります。
(3/12/2008 12:30)

"【日記】ネット規制に対する懸念" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント